プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

6月14日 セミナー


株式会社USSひまわりグループ主催 投資セミナー 

定員30名<参加無料>

--------------------------------------------------------------------------------
お待たせしました !!

あのカリスマ株式トレーダー若林史江氏を

福岡にお招きいたします !!

--------------------------------------------------------------------------------

『 スペシャリストに聞くこのサヤを狙え ~今狙いたいオイルのサヤ~ 』
 講師:福岡支店 冨田 和章

 前回ご好評いただきました冨田がオイルのサヤ取りを披露。今の注目銘柄で仕掛け・手仕舞いのポイントを詳しく解説いたします。刻々と変化する絶好のサヤ銘柄と仕掛けのタイミングは聞き逃せません。今狙うべきサヤはこれだ !!

■冨田 和章ブログ:「商品取引の偏見」




『 若林流!投資脳の使い方~サブプライムローンを含めた2008年の相場動向~ 』
 講師:トレーダー/ファイナンシャルアドバイザー 若林 史江氏

 数多くの雑誌やラジオで活躍中の女性トレーダー 若林 史江氏をお迎えし、ご自身の投資についての体験談や、世の中の事件や事故、自分の身の周りに起こる出来事などが、どのように投資に結びついているのかなどを、お話していただきます。投資がより身近なものと感じられるようになり、投資に対する考え方が変わるかもしれません。

【プロフィール】
1977年生まれ、神奈川県横浜市出身。
19歳で投資顧問会社の営業職についたことをきっかけに株式投資に興味を持つ。2002年に独立。「自分の足で探した鮮明な投資材料」に定評があり、たった1銘柄で1000万円の利益を出すなど、カリスマ女性トレーダーとして注目を集める。
現在「フミの株が好き」のサイトで株日記を書く傍らメディアを通じて株式投資の魅力を発信している。
雑誌マネージャパンの連載、ニッポン放送・TBSラジオでパーソナリティーを務めるなど、多方面で活躍。著書に「株が好き♪」等。




日時 2008年6月14日(土) 12:00開場 13:00~15:30
会場 福岡市中央区長浜2-3-6 長浜BSビル8F
USSひまわりグループ福岡支店
講師 第一部:福岡支店 冨田 和章
第ニ部:トレーダー/ファイナンシャルアドバイザー 若林 史江氏
受講料 無料
定員 30名様

※締切は6月13日の正午の予定ですが予約者多数で早期に募集を打ち切らせていただくことがございます。ご了承下さい。
※セミナー受講票を開催日前日までにメールにてご案内させて頂きます。印刷して当日ご持参下さいませ。
問合先 当セミナーについてのお問合せは、0120-88-3959(平日8時~19時)セミナー企画課 川越/前神まで。
E-mailでのお問い合わせは(seminar-design@m.uss-group.co.jp)までお願いします。





個人情報の取り扱いについて当社の勧誘方針サイトポリシー
スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

中国の原油需要増加


中国石油化学工業協会は、中国の2008年における原油の生産量は前年比0.02億トン増の1.89億トンになるとの予測を示した。
原油の対外依存度は約47%になるという。また、経済通は市場関係者の話として、中国石油最大手の中国石油天然気股?有限公司(ペトロチャイナ)が、ディーゼルオイル20万トンを輸入したと伝えた。

農業向けの需要が増える4月に対応するためだとみられる。中国では国内の需要拡大に伴い、石油製品の供給が停滞している状態であり、政府は大手石油メーカーの同2社に対して国内供給を確保するよう求めているが、
一方で原油高の影響から輸入に係るコストが増大している。これを受け、政府は2007年11月と2008年1月の2回にわたって、ガソリン、ディーゼルオイル、航空燃料の輸入関税率を1%に引き下げ、石油製品の輸入を奨励している。

中国経済の成長は続いており、北京オリンピックが終了しても、産業の発展が続くとの見方が多いことから、中国の石油需要が増加し、自国の原油生産が予想を下回るようであれば、原油の対外依存度が50%を超える事態も想定出来る。

世界石油需給のタイト化が見込まれるだけに、ニューヨーク原油期近は130ドル水準を維持し、遅くとも年末にかけて更に最高値を更新する可能性が高いと予想している


アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

中国の地震被害は深刻


四川省の地下10キロメートルの浅い場所を震源とするマグニチュード7.8(阪神大震災7.3、関東大震災7.9)の大型地震が中国に与えた影響は死者1万人(5月13日時点)やビルの倒壊という現実的な被害も、今後の調査によっては拡大するだろうし、地震が少ないとの考え方から作られている高層ビルの耐震性が話題になるだろう。

また、地震の影響は現実的なビルなど構造物の被害に止まらない。地震に対する行動は日本と異なり、政府最高責任者や軍隊の出動は機敏であったが、地震の性格を見る時、チベット方面の太古から続いている造山運動の圧迫が原因とすれば、今後、中国内陸部で大型地震が多発する危険性が高いことになり、四川省を中心とする地域への外資進出が抑制される可能性が高くなる。

地震の研究公表や、政府の対応策が明確にならなければ、インフラ整備の基盤が揺らぐことになる。経済的な損失が大きいと判断された場合、中国株の急落を招く。8月8日にオリンピック開催を控え、北京付近で地震が発生する可能性が出てくると、更に混乱は拡大すると推察される。中国投資への評価が大きく揺れることになりそうだ。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

北海油田に衰え


欧州の2大産油国である英国とノルウェーの原油生産量が急速に減少しています。
主力の北海油田の産出が衰退期に入っています。06年の生産量は両国合計でピーク時の2000年に比べて26%減少しています。

非石油輸出国機構(OPEC)の主要産油国である両国の生産減は原油相場高止まりの原因となっています。
英国の06年の生産量は日量163万バレルで前年に比べ9%の減少です。2000年と比べると39%の落ち込みです。

サウジアラビアとロシアに次ぐ世界3位の原油輸出国、ノルウェーの06年の生産量も前年比6.9%減の日量277万バレルです。
両国の生産減少は今後さらに加速することが確実です。「今後5年で英国の生産量は日量120万バレルまで落ちる」という調査もあります。

ノルウェー政府も07年以降に生産量の減少が加速すると見ています。2010年までに両国でさらに100万バレルの減少が見込まれます。
両国の減少をカバーしているのが、カナダ日量314万バレル前年比+4.4%、ロシア日量976万バレル前年比+2.2%です。

(出所)BP社2007

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

ロコ・ロンドン金取引



ロコ・ロンドン金取引がニュースや新聞で話題になっていますが・・・

その報道に国内の商品先物取引と同じ感覚で記事を書いている新聞社があります。

ココを見ている人はこの違いを十分ご存知と思いますが、それすら理解していない

福岡の地場新聞社の方、笑われてますよ。



アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

今日の貴金属先物市場

東京貴金属は、総じて安く推移している。

金はニューヨーク高となったが、前週末にスポット価格が先取りし上昇していた事や円高を受けて反落している。
全般的なファンダメンタルズとしては4月の米中古住宅販売は事前予想ほど減少しなかったが、販売在庫が急増、原油高も景気減速要因であり、米経済の回復が遅くなれば再度、ドルが売られて金の支援要因になるとみられる。
ただドバイの金輸入に関して、スクラップが増加していることが指摘されており、価格上昇で実需筋の買控えが起こっている。

今夜の英米市場は休場であり様子見ムードが広がっている。

プラチナのドル建て現物相場は2200ドル前後で上げ一服となった。
前週は英ジョンソン・マッセイ(JM)の強気見通しなどを受けて上値を試したが、高値での買いが続かない状況となっている。
米商品先物取引委員会(CFTC)建玉明細報告では、20日時点のニューヨーク・プラチナ大口投機家の買い越しは9746枚と1月22日以来の高水準となっており、利食い売りが一巡するまで上値が抑えられる可能性がありそう

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

サヤ取り 1

ここ最近当社のセミナーでサヤ取りの話が多いのでこのブログでも何回かに分けてサヤ取りの話を、していきたいと思います。

しかしながら、サヤ取りといっても、いろんなやり方(流派)があるようで「これがベスト」といえるのがなかなかな難しい状態です。

なので、このブログではあくまで、参考として使えそうなものを、書いていきたいと思います。

また、我々営業マンサイドからは、勧められないサヤ取りもあります。
それは、同銘柄を使ったサヤ取りです。(ネット取引ならできますが、対面では案内できないことになってます)

ですので、異銘柄使い、なおかつ相関係数が高いものを案内していきたいと思います。


アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

ポールソン財務長官

ポールソン米財務長官は22日、原油価格の上昇はひっ迫する供給と世界的な需要の高まりを反映したもので、投機筋が原因ではないとの見方を示した。

長官はCNBCとのインタビューで、「これは投資家の問題ではなく、長期的な需給の問題だ」と語り、最近の原油高を「好ましいものではない」とした。

また、米経済の長期的なファンダメンタルズは力強いと強調。米国は強いドル政策をとっているとし、経済ファンダメンタルズはドルの価値に反映されると述べた。

長官は「われわれは強いドル政策をとっている」とし、「(米経済の)長期的強さはドルの価値に反映される。われわれの政策は、米経済への信頼を強化するものでなければならない」と話した。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

若林史江氏セミナー




株式会社USSひまわりグループ主催 

投資セミナー 定員30名<参加無料>

--------------------------------------------------------------------------------
お待たせしました !!

あのカリスマ株式トレーダー

若林史江氏を福岡にお招きいたします !!


--------------------------------------------------------------------------------

『 スペシャリストに聞くこのサヤを狙え ~今狙いたいオイルのサヤ~ 』
 講師:福岡支店 冨田 和章

 前回ご好評いただきました冨田がオイルのサヤ取りを披露。今の注目銘柄で仕掛け・手仕舞いのポイントを詳しく解説いたします。刻々と変化する絶好のサヤ銘柄と仕掛けのタイミングは聞き逃せません。今狙うべきサヤはこれだ !!

■冨田 和章ブログ:「商品取引の偏見」




『 若林流!投資脳の使い方~サブプライムローンを含めた2008年の相場動向~ 』
 講師:トレーダー/ファイナンシャルアドバイザー 若林 史江氏

 数多くの雑誌やラジオで活躍中の女性トレーダー 若林 史江氏をお迎えし、ご自身の投資についての体験談や、世の中の事件や事故、自分の身の周りに起こる出来事などが、どのように投資に結びついているのかなどを、お話していただきます。投資がより身近なものと感じられるようになり、投資に対する考え方が変わるかもしれません。

【プロフィール】
1977年生まれ、神奈川県横浜市出身。
19歳で投資顧問会社の営業職についたことをきっかけに株式投資に興味を持つ。2002年に独立。「自分の足で探した鮮明な投資材料」に定評があり、たった1銘柄で1000万円の利益を出すなど、カリスマ女性トレーダーとして注目を集める。
現在「フミの株が好き」のサイトで株日記を書く傍らメディアを通じて株式投資の魅力を発信している。
雑誌マネージャパンの連載、ニッポン放送・TBSラジオでパーソナリティーを務めるなど、多方面で活躍。著書に「株が好き♪」等。




日時 2008年6月14日(土) 12:00開場 13:00~15:30
会場 福岡市中央区長浜2-3-6 長浜BSビル8F
USSひまわりグループ福岡支店
講師 第一部:福岡支店 冨田 和章
第ニ部:トレーダー/ファイナンシャルアドバイザー 若林 史江氏
受講料 無料
定員 30名様

※締切は6月13日の正午の予定ですが予約者多数で早期に募集を打ち切らせていただくことがございます。ご了承下さい。
※セミナー受講票を開催日前日までにメールにてご案内させて頂きます。印刷して当日ご持参下さいませ。
問合先 当セミナーについてのお問合せは、0120-88-3959(平日8時~19時)セミナー企画課 川越/前神まで。
E-mailでのお問い合わせは(seminar-design@m.uss-group.co.jp)までお願いします。







個人情報の取り扱いについて当社の勧誘方針サイトポリシー

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

今日の金先物取引の概要

今日の東京金はドル安やNY原油高が上昇要因になっている。

ユーロは独IFO業況指数が予想外に上昇し、独経済及びユーロ圏経済の底堅さを示したことを受けて上昇した。

また原油が再び史上最高値を更新しておりファンダメンタルズ全般で、金の上昇要因となっている。
ニューヨーク証券取引所(NYSE)の金ETF(上場投資信託)の現物保有高は横ばいで推移し、長期投資家は様子見に回っているが、米連邦準備理事会(FRB)が経済見通しを大幅に下方修正しており、今後もサブプライム問題の長期化に対する懸念から金の買い意欲が強まる可能性はある。

但し930ドル前後の高値での実需筋の買い意欲は減退しているとみられ、長期投資目的の資金が流入すると再び強烈な上値をする可能性が高くなる。

金と同様に国内プラチナ先限は7000円前後の抵抗帯をあっさり上抜き一段高へ向かっています。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

次回のFOMCでは・・

 米金融当局は4月30日に政策金利の引き下げを決めました。7ヵ月半で3.25%引き下げたことになります。それはどうしてでしょうか。
 アメリカで金融政策を動かしているのは、中央銀行の役割を担う連邦準備理事会(FRB)です。FRBは連邦公開市場委員会(FOMC)を開いて政策を決めます。先月30日のFOMCではフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.25%下げて2%にしました。07年9月以降トータルで7回目の利下げです。
 利下げの理由は景気悪化に強い危機感があったからです。低所得者層向け住宅ローン「サブプライムローン」の焦げ付き増加を契機に損失を抱えた金融機関が融資に慎重になって企業や個人が資金繰りに困って景気が減速したのです。
 FF金利は銀行間で短期間、無担保で資金を貸借する際の金利です。この銀行間市場に中央銀行がお金を流すと、お金が借りやすくなって金利が下がります。FRBはこのようにFF金利を誘導できるのです。
 FF金利は銀行間の金利に過ぎないのに、なぜ大事かというと経済全体に影響するからです。FF金利が下がると銀行は安くお金を調達でき、低金利で貸せるようになります。企業や個人が積極的にお金を借りて活動するので景気が上向きます。
 こうしてみるといいことずくめのようにも思えますが、昨晩も一時原油が1バレル134.10ドルまで上伸するようにインフレ懸念がある場合には、資金の供給量をますため、インフレを助長してしまうことにもつながります。景気減速を抑えるには利下げをしたいが、そうすればインフレを助長させることになるという葛藤に悩まされることになるのです。
 米連邦準備制度理事会(FRB)は21日、0.25%利下げを決めた4月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を公表した。議事要旨は「成長とインフレのリスクはほぼ均衡した」と指摘。「将来の金融政策変更は、経済・金融情勢が中期的な成長・インフレ予想に与える影響次第だ」とした上で、数人の委員の意見として「経済・金融情勢が景気見通しの大幅悪化を示唆しない限り、短期的に景気が鈍化したり、あるいはわずかに縮小したりしても、金融を緩和することは適切ではないだろう」として、一段の緩和に慎重な姿勢をにじませた、ということで今後も金利政策に関しては難しい舵取りを迫られることになるでしょう。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

原油上昇の犯人はだれ?

米国株式市場は大幅続落。4月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録とともに発表した経済見通しで連邦準備理事会(FRB)は、成長見通しを下方修正した一方、インフレ見通しを引き上げた。

 これを受けて米経済が1980年代型スタグフレーションに直面しているとの懸念が強まった。

 政府の週間石油在庫統計で米原油在庫の予想外の減少が示されたことから、米原油先物が一段と上昇し、過去最高値の1バレル=133.17ドルで通常取引を終了したことも市場の懸念をあおった。

FRBが発表した経済見通しを受け、S&P金融指数は2.6%低下、1カ月ぶりの大幅な下げを記録した。同指数は1年前につけた過去最高水準を30%下回っている。

 FRBが同時に発表した4月FOMC議事録では、早期に追加利下げを実施する可能性が低いことが示された。

また、米議会はこれら商品相場の高騰にヘッジファンドなどの投機資金が与えている影響を真剣に議論し始めた。

20日の上院公聴会では、規制当局や商品先物業界が、あくまで現物の需給逼迫(ひっぱく)が相場高騰の主因と指摘する中で、ヘッジファンド業界関係者が自ら、投機資金が商品相場を押し上げていると証言し、注目を集めた。

20日の国家安全保障・政府活動委員会ではまず、リーバーマン委員長が、投機資金が現在の品、エネルギー価格にどんな影響を与えているかがテーマだとし、商品市場への新たな規制導入が必要かどうか検討する意向を示した。

一方、規制当局である商品先物取引委員会(CFTC)の幹部は、「ファンドは商品相場の価格変動に大きな影響を与えていない」などと従来の主張を繰り返した。このほか、相場の乱高下に不満を訴える農業団体幹部なども証言した。

 その中で、注目されたのはヘッジファンド会社幹部のマイケル・マスターズ氏の発言。同氏は、「機関投資家が食品やエネルギー価格の上昇に関係しているかと問われれば、答えは無条件でイエスだ」と明言。「過去5年間で商品価格が2倍にも3倍にもなっている中で、需要との関係をどう説明するのか」と述べ、異例の価格高騰は需要拡大だけでは説明できないと強調した。

その上で、同氏は新たに商品市場に参入しているのは、年金基金、政府系投資ファンド(SWF)などの機関投資家であり、彼らは商品指数に連動した運用を行ういわゆる商品指数ファンドを通じて投資しているが、いまや、商品先物市場において「他のいかなる市場参加者よりも大きなシェアを占めている」と指摘。株式や債券市場への投資と同様に、商品市場でも「買い持ち」をしている説明した。

 さらに、原油価格の高騰について、一般的には中国の需要拡大が原因と説明されるものの、中国の年間需要量は過去5年間で、18億8000万バレルから、28億バレルと9億2000万バレル増加したが、同期間に商品指数で運用する投機資金による原油への投資需要の増加は約8億4800万バレルで、中国の需要増と匹敵する水準だとの試算を示した。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

携帯メール配信をはじめました。



メルマガ『アシタの新聞 ひまわりダイジェスト UHG』の登録フォームを設置しました

ご利用ください。



アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

今週末のセミナーです



株式会社USSひまわりグループ主催 投資セミナー 定員30名<参加無料>

--------------------------------------------------------------------------------
チャートリーディングのエキスパート尾崎式史氏と
実践サヤ取りのエキスパート竹本淳一氏の豪華競演セミナー !!

--------------------------------------------------------------------------------

【第一部】『トレードで勝ち続けるためのコツ~実践で悩みをクリアーにせよ!~ 』
 講師:株式会社トレードライフコンサルティング/尾崎塾 代表 尾崎 式史氏

 福岡支店に再びチャートリーディングでお馴染みの尾崎塾代表 尾崎氏が登場いたします。最前線でトレードを行い、今まで数多くのプロのトレーダーを輩出してきた尾崎氏に、チャート、値動きなどを深く読み、利益を伸ばして損失を最小限に抑える知識と技術を伝授していただきます !! 前回に引き続き今回はより深いところを探ります

~尾崎式史氏プロフィール~
1969年大阪生まれ。関西大学工学部管理工学科卒業後、経済・経営の習得に没頭。 日商簿記一級合格後、某有名専門学校で会計学、日商簿記などの講師を勤めるかたわら、ネットビジネスの設立に参加。 バブル崩壊後から始めた株式投資は、数々の失敗も経験するが、 相場とチャートの分析力を磨き、下降相場においても利益を出し続ける。 ネットトレードが普及しはじめた頃からは本格的にデイトレーダーに転進。 あらゆる事象を反映しているのがチャートである、ということ前提にチャートリーディング技術を磨く。
【関連ページ】
株式会社トレードライフ・コンサルティング
プロのトレーダーを育てる『株式投資スクール!尾崎塾』
無料メルマガ、『初心者でも株でしっかり20万円』の発行者(読者数130,000人)


【第二部】『 竹本 淳一 氏のサヤ取リの極意 』
 講師:鞘取り勉強・実践会 竹本 淳一 氏

 サヤ取りをやってみたいけど、方法がよく分からないという方お待たせいたしました !! 福岡支店にサヤ取り専業トレーダーで鞘取り勉強・実践会 竹本 淳一 氏にサヤ取りの基本や有利な手法を、わかりやすく丁寧に講演していただきます。実践的、わかりやすいと好評を得ております竹本氏のサヤセミナー !! これを機にサヤ取りの理解を深め今後のトレードにお役立てください。

~竹本 淳一氏プロフィール~
商品先物会社での営業職として3年間勤務。退職後、専業トレーダーとして出発し、片張りでスランプに陥った時期に、鞘取りの手法に改めて着眼。高い勝率とリターンに驚き、徹底的に研究を行い、2005年6月からサヤ取りトレードに特化した運用で現在に至る。トレード歴7年。得意銘柄は、一般大豆・NG大豆・アラビカコーヒー。東京・大阪で合計600名以上の受講生を指導した実績を持つ。現在、業界専門紙「投資日報」にて毎週「鞘取りの極意」を連載中。
■竹本淳一氏ホームページ:「鞘取り勉強・実践会」


日時 2008年5月24日(土) 12:00開場  12:30~15:30(終了予定)
会場 USSひまわりグループ福岡支店 セミナールーム
福岡市中央区長浜2-3-6 BS長浜ビル8階

講師 一部:株式会社トレードライフコンサルティング/尾崎塾 代表 尾崎 式史氏
二部:鞘取り勉強・実践会 竹本 淳一 氏
受講料 無料

問合先 当セミナーについてのお問合せは、0120-88-3959(平日8時~19時)セミナー課 川越もしくは前神まで。
E-mailでのお問い合わせは(seminar-design@m.uss-group.co.jp)までお願いします。





アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

原油200ドル?

ここ最近の原油は1バレル120ドルを簡単に突破し、今日は等々130ドルに迫る129.07ドルまで高騰しています。

この基準となっているのがWTI〔ウェスト・テキサス・インターミディエイト〕原油である。

このWTI原油はニューヨークの商品取引所〔NYMEX〕で取引されている。
この原油価格の高騰は投機的な資金が高騰の原因と言われていますがNYMEXはアメリカの市場なので、そこでの先物取引は、米政府の商品先物取引委員会によって監視され、投機的な行為は取り締まられる。

ではどこでWTI原油は買われているのか?実はロンドンにあるICE(Intercontinental Exchange)という企業が運営するネット上の先物取引市場でも取り引きされており、アメリカのヘッジファンドや投資銀行は、ニューヨークのNYMEXだけでなく、ロンドンのICEを通じて、さかんにWTI先物を買い、原油価格を高騰させています。 

このロンドンのICEは、外国の民間企業による相対取引の市場なので、米政府の監視の枠外にあり。

投機で原油をつり上げたい米投機筋(ヘッジファンドや投資銀行)は、ロンドンのICEで先物を売買し、米当局の目を盗んで意図的に原油価格をつり上げています。

先日米大手投資銀行のゴールドマンサックスは、原油価格は今後2年以内に1バレル200ドルまで上がるかもしれないとの予測を発表した。

このゴールドマンサックスは3年前、原油が100ドルになる現状を正確に予測していたことで知られ、今回の200ドル説も重視されています。

この100ドルという原油価格もWTI先物の投機によってつり上げられ、ゴールドマンが投機筋の親玉の一人であると考えるなら、自作自演の高騰なのだから、予測が当たるのは当然です。

ということは先日発表したゴールドマンサックスの原油200ドルという予想は投機で200ドルまでは上げるということを宣言したみたいなものだと私は見ています。

この先2年間はまだ原油は200ドルを目指して上がり、その他の商品も高い時代は続いて行くとみています。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

商品バブル?

リーマン・ブラザーズのアナリスト、エドワード・モース氏は、巨額の資金が流入している商品市場で資産バブルが発生する可能性があるとのリポートをまとめた。

 同氏は、投資家の間で商品投資への意欲が高まっており、これが「資産バブルの温床になる可能性がある」と指摘。

 商品インデックスで運用されている資産は2006年初めの総額約700億ドルから、今年4月中旬には2350億ドルに拡大したという。

 運用資産の増加分1650億ドルのうち、約900億ドルは新規の資金流入、約750億ドルは価格上昇分という。

 この数値には店頭取引は含まれておらず、運用総額はこの金額をさらに上回る可能性がある。店頭取引では取引所取引よりも多額の資金が流出入する場合があるという。

 商品市場は規模が小さく、一部の商品は100万ドルの資金流入で相場に大きな影響が出る場合がある。

 新規の資金流入は昨年12月以降急増している。特にエネルギー商品の比重が高いS&P・GSCIインデックス.SPGSCITRで運用するファンドへの資金流入が増えているという。

 商品市場では、原油CLc1、金、銅MCU3などが最高値を更新。一般にはなじみの薄いスズMSN3や鉛MPB3も昨年、中国の需要拡大などを背景に最高値をつけている。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

ジョンソン・マッセイ社(JM)の年間報告書が発表されます


NY金は久しぶりに900ドル台を回復し堅調。

ドル安の進行が大きな要因だが、今月に入って株高金安の展開に変化が起こるのか注目したいところです。

経済全般としては 5月の米ミシガン大消費者信頼感指数速報が28年ぶりの低水準となり、個人消費の先行き懸念される。
今週は4月の米生産者物価指数や米中古住宅販売などの発表があり、ドル安が進むと、金の支援要因になろう。
ただ金が高値継続するとインドの需要が伸び悩むことが指摘されており、上値を伸ばせるかどうかは投資需要に左右されるとみられる。

プラチナは今晩21:00に英ジョンソン・マッセイ(JM)の年間報告書の発表があり気になるところです

事前予想では強気の発表が予想されている。

特に南アでは1月に電力危機が表面化し、今後5年間、電気料金が引き上げられる方向で話し合いが進んでい等、コスト増加で採算の取れない設備投資計画が見直されることになれば供給不安が更に強まる可能性もある。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

原油増産

中東を訪問中のブッシュ米大統領は17日、サウジアラビアが日量30万バレルの原油増産を決定したことについて、喜ばしいものの米国内の問題解決にはならないと述べた。

 ブッシュ大統領は16日、サウジアラビアのアブドラ国王と会談。同大統領は、サウジアラビアの首脳陣に対し、原油価格の高騰が複数の原油消費国の経済に打撃を与えているとの見解を明確に示したと明かした。

 また同大統領は記者団に対し、サウジアラビアの原油増産と製油能力の増強に一定の評価を与えた上で、十分なものではなく、米国の問題解決にはつながらないとコメント。

 「米国での(原油高による)問題は、(米国内での)石油精製施設の増設や原子力エネルギーの推進、代替燃料の開発促進を継続することにより解決できる」とし、米国民のさらなる取り組みが重要であるとの見解を示した。

 ブッシュ大統領が前回サウジアラビアを訪問した1月と比べ、米原油先物価格は30ドル上昇。16日には1バレル128ドルに迫る最高値を更新した。

また、このタイミングでビンラディン容疑者がウェブサイトで音声声明を発表し、イスラム教徒に対し、イスラエルなどによるパレスチナ自治区ガザの封鎖を終わらせ、イスラエルと交渉を行っているアラブ諸国と戦うよう呼び掛けた。



アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

秋山昇氏来たる


株式会社USSひまわりグループ主催 

投資セミナー 定員30名<参加無料>

--------------------------------------------------------------------------------
お問い合わせ殺到 !!

伝説の投資家・秋山 昇 氏のセミナーを福岡でも

開催決定 !!

自らの相場での成功や挫折など、

貴重な体験を披露していただきます。

--------------------------------------------------------------------------------

【 個人投資家・秋山昇の成功と蹉跌 】
 講師:個人投資家 秋山 昇 氏

 秋山氏曰く、” 商品先物の厳しい世界において、秋山昇が、いかにして数百万円の金を元手に5億円を稼ぎ、その後に3億円を失ったか。その売買手法の変遷と実売買の詳細について解説する。参考になる部分、反面教師にすべき部分、色々とあると思うが、何らかの形で他の投資家の参考になれば幸いである。”と。
商品先物界の伝説の投資家、秋山 昇 氏のこの講演、お聞き逃し無く !!



【秋山 昇 氏プロフィール】
30代の個人投資家。
大学では数学を専攻。
2000年に商品先物サイト「先物探花」を開設。
サイト運営と並行して商品先物市場で資産を運用し、利益を上げている。

<関連リンク>
 ⇒先物探花
 ⇒会員サイト「相場技研 Bull and Bear」


その他のセミナー


          more

日時 2008年6月28日(土) 12:00開場 

13:00~15:30(終了予定)

会場 福岡市中央区長浜2-3-6 長浜BSビル8F

USSひまわりグループ福岡支店

講師 個人投資家 秋山 昇 氏

受講料 無料

定員 30名様


※締切は6月27日の正午の予定ですが予約者多数で早期に募集を打ち切らせていただくことがございます。ご了承下さい。
※セミナー受講票を開催日前日までにメールにてご案内させて頂きます。印刷して当日ご持参下さいませ。
※同業他社の方のご参加は遠慮いただいております。あらかじめご了承ください。
問合先 当セミナーについてのお問合せは、0120-88-3959(平日8時~19時)セミナー企画課 川越もしくは前神まで。
E-mailでのお問い合わせは(seminar-design@m.uss-group.co.jp)までお願いします。






アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

第1四半期GDP・一次速報(内閣府)

内閣府が発表した2008年1-3月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比プラス0.8%、年率換算プラス3.3%となり、10―12月期のプラス0.6%に比べ、成長率は上昇した。

一方、名目成長率は前期比プラス0.4%。

GDPデフレーターは前年同期比マイナス1.4%、国内需要デフレーターはプラス0.5%だった。

政府経済見通しの2008年度実質プラス2.0%達成には、毎期前期比プラス0.3%程度の成長が必要となる。

事前予想では、1-3月期の実質GDPの予測中央値は前期比プラス0.6%、年率プラス2.5%だった。

2007年度の実績値は、前年度比実質プラス1.5%の成長となった。06年度のプラス2.5%成長を下回った。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

円買い

著名投資家ジム・ロジャーズ氏は、世界的な信用収縮を理由にキャリートレード解消のポジションをとっていることを明らかにした。シンガポールで開催されたメリルリンチの投資家会合で「キャリートレードの解消が起こるとの見方から最近、スイスフランと円を買っている」と述べた。

キャリートレード解消の動きにより、豪ドルとニュージーランドドルが短期的に軟調になるとの見通しを示した。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

チャートリーディング、サヤ取りセミナー



株式会社USSひまわりグループ主催 

投資セミナー 定員30名<参加無料>

--------------------------------------------------------------------------------
チャートリーディングのエキスパート尾崎式史氏と

実践サヤ取りのエキスパート竹本淳一氏の

豪華競演セミナー !!
--------------------------------------------------------------------------------

【第一部】『トレードで勝ち続けるためのコツ~実践で悩みをクリアーにせよ!~ 』
 講師:株式会社トレードライフコンサルティング/尾崎塾 代表 尾崎 式史氏

 福岡支店に再びチャートリーディングでお馴染みの尾崎塾代表 尾崎氏が登場いたします。最前線でトレードを行い、今まで数多くのプロのトレーダーを輩出してきた尾崎氏に、チャート、値動きなどを深く読み、利益を伸ばして損失を最小限に抑える知識と技術を伝授していただきます !! 前回に引き続き今回はより深いところを探ります

~尾崎式史氏プロフィール~
1969年大阪生まれ。関西大学工学部管理工学科卒業後、経済・経営の習得に没頭。 日商簿記一級合格後、某有名専門学校で会計学、日商簿記などの講師を勤めるかたわら、ネットビジネスの設立に参加。 バブル崩壊後から始めた株式投資は、数々の失敗も経験するが、 相場とチャートの分析力を磨き、下降相場においても利益を出し続ける。 ネットトレードが普及しはじめた頃からは本格的にデイトレーダーに転進。 あらゆる事象を反映しているのがチャートである、ということ前提にチャートリーディング技術を磨く。
【関連ページ】
株式会社トレードライフ・コンサルティング
プロのトレーダーを育てる『株式投資スクール!尾崎塾』
無料メルマガ、『初心者でも株でしっかり20万円』の発行者(読者数130,000人)


【第二部】『 竹本 淳一 氏のサヤ取リの極意 』
 講師:鞘取り勉強・実践会 竹本 淳一 氏

 サヤ取りをやってみたいけど、方法がよく分からないという方お待たせいたしました !! 福岡支店にサヤ取り専業トレーダーで鞘取り勉強・実践会 竹本 淳一 氏にサヤ取りの基本や有利な手法を、わかりやすく丁寧に講演していただきます。実践的、わかりやすいと好評を得ております竹本氏のサヤセミナー !! これを機にサヤ取りの理解を深め今後のトレードにお役立てください。

~竹本 淳一氏プロフィール~
商品先物会社での営業職として3年間勤務。退職後、専業トレーダーとして出発し、片張りでスランプに陥った時期に、鞘取りの手法に改めて着眼。高い勝率とリターンに驚き、徹底的に研究を行い、2005年6月からサヤ取りトレードに特化した運用で現在に至る。トレード歴7年。得意銘柄は、一般大豆・NG大豆・アラビカコーヒー。東京・大阪で合計600名以上の受講生を指導した実績を持つ。現在、業界専門紙「投資日報」にて毎週「鞘取りの極意」を連載中。
■竹本淳一氏ホームページ:「鞘取り勉強・実践会」


日時 2008年5月24日(土) 12:00開場  12:30~15:30(終了予定)

会場 USSひまわりグループ福岡支店 セミナールーム
福岡市中央区長浜2-3-6 BS長浜ビル8階

講師 一部:株式会社トレードライフコンサルティング/尾崎塾 代表 尾崎 式史氏
二部:鞘取り勉強・実践会 竹本 淳一 氏
受講料 無料

問合先 当セミナーについてのお問合せは、

0120-88-3959(平日8時~19時)セミナー課 川越もしくは前神まで。

E-mailでのお問い合わせは(seminar-design@m.uss-group.co.jp)までお願いします。




アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

ガソリン輸出

日米両国政府は米国のガソリン価格の高騰や供給能力不足に対応するため、石油製品の日本からの対米輸出を促進する。

15日に米サンフランシスコで民間企業も加えた初会合を開いて合意する。
主に米西海岸へのガソリン供給を増やす。

日本から米国向けには軽油など一部で輸出があるがガソリン輸出は異例。日本側は輸送コストや運搬能力など条件に問題がなければただちに対米輸出促進にとりかかる。

以前から指摘されているようにアメリカでは精油所不足に悩まされており、一方の日本ではガソリン需要が減少していた。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

ガソリンセミナー



■福岡支店セミナー 限定30名様<無料>

--------------------------------------------------------------------------------
原油高騰が身近に感じるようになった昨今、オイル価格の今後を占う !!

--------------------------------------------------------------------------------


 《 スピード調整完了、原油市場は若い ~子供も燃油サーチャージ片道14000円~ 》
  講師:福岡支店 雑賀 芳和
 航空会社が原油高騰対策で、付加運賃を設定しています。旅行代理店では旅行代金とは別途、燃油サーチャージが発生!子供も幼児も大人と同額に徴収されます。日本=ハワイ路線で片道14000円です・・。今後も付加運賃が増えることもあるとか。海外旅行を目標に相場を占いましょう。





日時 2008年5月17日(土) 12:30開場  13:00~14:30(終了は予定)
会場 福岡市中央区長浜2-3-6 長浜BSビル8F
USSひまわりグループ福岡支店

講師 USSひまわりグループ 雑賀 芳和
受講料 無料
定員 限定30名

問合先 当セミナーについてのお問合せは、0120-88-3959(平日8時~19時)セミナー企画課 川越/前神まで。
E-mailでのお問い合わせは(seminar-design@m.uss-group.co.jp)までお願いします。




アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

原油最高値更新

今日のニューヨークの原油先物市場は7日連続の最高値を更新した。
このような状況で、米上院は13日、原油価格の高騰が続いているため、戦略的石油備蓄への積み増しを停止する法案を圧倒的多数で可決した。下院でも同様の法案を同日中にも可決する段取り。
 
上院では共和党議員の多くが棄権し、賛成97、反対1で可決した。法案は現在、1バレル=127ドル近くまで急騰している原油価格が75ドルに下落するまで、備蓄積み増しの停止を規定している。
 
同国では原油価格高のため、ガソリン価格も1ガロン=3.72ドルと史上最高値に上昇。消費者は議員に対し、燃料価格高への強い不満の声を上げていた。
 
上院のハリー・レイド院内総務は「原油を戦略的石油備蓄に回すより、市場に供給し、価格を引き下げるようにしたい」と指摘。

一方、ブッシュ政権は原油価格引き下げの効果はほとんどないとして、法案に反対していた。
政府は現在、7億0300万バレルの備蓄をさらに拡大させる必要があるとしている。今年は既に、1日当たり平均7万バレル積み増している。また、5月は最も積み増し量が多くなる見込みで、1日当たり平均12万3000バレル、1カ月で380万バレルになる見通しだ。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

石油需要見通し4カ月連続で下方修正

国際エネルギー機関(IEA)は13日、2008年の世界の石油需要の伸びが従来予想を下回るとの見通しを示した。相場の高騰や米国やその他先進国の景気減速が背景という。

 IEAは5月の石油市場月報で、08年の世界石油需要の伸びは日量103万バレルになるとし、前回予想から同23万バレル下方修正。「下方修正はこれが最後ではないかもしれない」と指摘した。

また、先進国中心の経済協力開発機構(OECD)加盟諸国では、08年の石油需要が経済成長の鈍化や石油価格の高騰などから3年連続で減退すると指摘。一方、OECD以外の国では、中国などで引き続き強い需要があるとみている。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

リアルタイムセミナー



■福岡支店セミナー 各日限定5名様<無料>


--------------------------------------------------------------------------------

5月はデイトレ月間 !!

リアルタイムセミナーを毎日開催 !!

実際の価格で行うシミュレーション売買で

デイトレの醍醐味を感じてください !!

--------------------------------------------------------------------------------

『 デイトレードの極意 !! ~これが実践売買テクニック~ 』
 講師:弊社講師日替わりで登場
 サポート:USSひまわりグループ 酒井 幸康
 波乱続きの商品市場。こんな時こそ売買のポイントを見極めることがより重要となります。経験豊富な講師が各日日替わりで、取引時間中に実際に動いている価格を見ながらデイトレードの極意を講演いたします。この機会に、仕掛け手仕舞いのタイミングと売買技術を習得してください。
実際に行うシミュレーション売買で臨場感をさらに感じていただけること間違いなしです。



【各日の講演スケジュール】
 11:30~  受付開始
 12:00~  弊社スタッフより講習中使用して頂くパソコンの操作説明
 12:10~  セミナー開始
 15:30~  本日の総括
 16:00    終了予定


※注意事項
・尚、本セミナーは、よりリアルに相場に触れていただくことを目的にシミュレーションを行っていただくものです。
実際の取引では、お客様ご自身の売買判断により取引を行っていただきます。
・シミュレーションではなく実際に注文を出してみたいという方は事前に弊社との契約が必要になります。ご希望の方はあらかじめ下記フリーコールもしくはメールにてご相談下さい。
・また既に弊社お客様の方は講演中、パソコンや携帯電話から弊社オンライン取引口座への注文はして頂いて結構ですが、他社への注文はご遠慮ください。
・セミナー当日、ストップ張り付き等により講演不可能な状態になった場合、シミュレーションはできない場合がございますのであらかじめご了承下さい。
・同業他社の方のご参加はご遠慮いただきます。

日時 2008年5月1日~31日の間の平日随時開催 各日 11:30開場 12:00~16:00
会場 福岡市中央区長浜2-3-6 長浜BSビル8F
USSひまわりグループ福岡支店
講師 講師:弊社講師日替わりで登場 サポート:USSひまわりグループ 酒井 幸康
受講料 無料
定員 各日限定5名様
申込 画面下部の[お申込み]をクリックして下さい。
※締切は各セミナー前日17:00となりますが予約者多数で早期に募集を打ち切らせていただくことがございます。ご了承下さい。
※セミナー受講票を開催日前日までにメールにてご案内させて頂きます。印刷して当日ご持参下さいませ。
また一人でも多くの方に参加していただけるよう、原則お一人様一週間につき一回とさせていただきます。ご了承ください。
問合先 当セミナーについてのお問合せは、0120-88-3959(平日8時~19時)セミナー課 川越もしくは前神まで。
E-mailでのお問い合わせは(seminar-design@m.uss-group.co.jp)までお願いします。

※下から参加希望日を選択後、電話、メールにてご連絡ください

参加ご希望日未選択 2008年5月1日(木) 2008年5月2日(金) 2008年5月7日(水) 2008年5月8日(木) 2008年5月9日(金) 2008年5月12日(月) 2008年5月13日(火) 2008年5月14日(水) 2008年5月15日(木) 2008年5月16日(金) 2008年5月19日(月) 2008年5月20日(火) 2008年5月21日(水) 2008年5月22日(木) 2008年5月23日(金) 2008年5月26日(月) 2008年5月27日(火) 2008年5月28日(水) 2008年5月29日(木) 2008年5月30日(金)



個人情報の取り扱いについて当社の勧誘方針サイトポリシー

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

伝説の個人投資家 秋山氏


株式会社USSひまわりグループ主催 投資セミナー 定員30名<参加無料>
--------------------------------------------------------------------------------
お問い合わせ殺到 !!


伝説の投資家・秋山 昇 氏のセミナーを

福岡でも開催決定 !!


自らの相場での成功や挫折など、

貴重な体験を披露していただきます。


--------------------------------------------------------------------------------

【 個人投資家・秋山昇の成功と蹉跌 】
 講師:個人投資家 秋山 昇 氏

 秋山氏曰く、” 商品先物の厳しい世界において、秋山昇が、いかにして数百万円の金を元手に5億円を稼ぎ、その後に3億円を失ったか。その売買手法の変遷と実売買の詳細について解説する。参考になる部分、反面教師にすべき部分、色々とあると思うが、何らかの形で他の投資家の参考になれば幸いである。”と。
商品先物界の伝説の投資家、秋山 昇 氏のこの講演、お聞き逃し無く !!



【秋山 昇 氏プロフィール】
30代の個人投資家。
大学では数学を専攻。
2000年に商品先物サイト「先物探花」を開設。
サイト運営と並行して商品先物市場で資産を運用し、利益を上げている。

<関連リンク>
 ⇒先物探花
 ⇒会員サイト「相場技研 Bull and Bear」


         
日時 2008年6月28日(土) 12:00開場  13:00~15:30(終了予定)
会場 福岡市中央区長浜2-3-6 長浜BSビル8F
USSひまわりグループ福岡支店
セミナールーム [地図はこちら]
講師 個人投資家 秋山 昇 氏
受講料 無料
定員 30名様

申込は、右のピンクのバナーからもどうぞ!

※締切は6月27日の正午の予定ですが予約者多数で早期に募集を打ち切らせていただくことがございます。ご了承下さい。
※セミナー受講票を開催日前日までにメールにてご案内させて頂きます。印刷して当日ご持参下さいませ。
※同業他社の方のご参加は遠慮いただいております。あらかじめご了承ください。
問合先 当セミナーについてのお問合せは、0120-88-3959(平日8時~19時)セミナー企画課 川越もしくは前神まで。
E-mailでのお問い合わせは(seminar-design@m.uss-group.co.jp)までお願いします。







アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

プラチナETN(エクスチェンジ・トレーデッド・ノーツ)注目!!


NY金市場は、ユーロ反発が支援要因となったが、NY原油安に上値を抑えられた展開となっている。

ユーロは週明けの東京市場で下落したが、海外市場で反発し、金の支援要因となった。新たな金融機関の損失計上でサブプライム問題が長期化するとの見方も出ていたが、米小売業界の予想外の好調を受けてダウ平均株価が急反発し、投資意欲が戻ったとみられる。

今夜は米小売売上高の発表があり、内容によってはアメリカ景気の足元での景況感を判断したい。

プラチナはNY市場で急反発している、前週末にプラチナETN(エクスチェンジ・トレーデッド・ノーツ)が上場され、投資需要の増加期待から引き続きファンド筋の買いが入っているとみられる。

ニューヨーク・プラチナの取組高は9日に724枚増加し、新たな買いが入っているもよう。目先は買いがどこまで続くかを確認したい。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

自家製エタノールを作る

本日ニューヨークの原油先物価格が126ドルと過去最高値を5日連続で更新しています。

このような状況のなかで、家庭でエタノール燃料を製造し、直接自動車に注入できるという移動式のエタノール燃料製造装置が開発されました

開発したのは、Eフューエルという米企業で、この種のものとしては世界初としており、1台の価格は1万ドル。

エタノール製造には世界的に供給過剰状態にある砂糖を使うため、製造コストは1ガロン(3.8リッター)当たり、僅か1ドルという。

アメリカでのエタノール製造の主原料はコーンだが、これが世界的な食品価格の上昇要因にもなっている。

そこで、製造コストが高くなるため、メキシコから廉価の非食用砂糖を手当てし、顧客に提供する方針らしい。また、砂糖からエタノール燃料を製造する際に出る温室効果ガスはトウモロコシに比べ少ないため、利用者には排出枠を売却できるようにもするという。

自家製のエネルギーで車を動かす時代がすぐそこまで来ているようです。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。