プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

金融安定法案否決のあと・・・・・

公的資金で金融機関から不良資産を買い取る金融安定化法案(2008年緊急経済安定化法案)を共和党保守派などの反対多数で否決した。ブッシュ大統領は30日朝に、金融システム安定策について緊急声明を出す。その内容が注目されています。

今回の金融安定化法は米国だけでなく世界の金融システム安定のカギを握っている市場の不安を沈静化する対策が早期に実施されなければ、金融恐慌に発展する可能性があり、日本などにも影響が波及するのは必至で日経平均で500円以上の下げとなっている。
米議会では11月の大統領選や上下両院選を控えて、地元有権者の声を強く意識した議員が多かったとみられる。
下院共和党院内総務は「冷却期間が必要」としており、週内に再可決あるいは代替案の策定が可能かどうかは不透明の状態。


    (ワン・クリックお願いします。)

                

にほんブログ村 先物取引ブログへ     先物でいこうへ


《メルマガ》アシタの新聞 ひまわりダイジェスト UHG もどうぞ!

ブログに書かれていない銘柄の問い合わせについても、お気軽にどうぞ。

 092-716-8911(営業:岩崎宛)  k-iwasaki@m.uss-group.co.jp





スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

米金融安定法案29日にも可決見通し


最大7000億ドル(約75兆円)の公的資金を投じて金融機関から不良資産を買い取る金融安定法案を協議していたポールソン米財務長官やペロシ下院議長(民主)ら議会幹部は28日未明に記者会見し、法案に大筋合意したことを明らかにした。同日中に合意文書を正式発表する。米メディアは、週明け29日にも可決される見通しだと報じた。

金安、白金高に動きやすい状態になると思います。



    (ワン・クリックお願いします。)

                

にほんブログ村 先物取引ブログへ     先物でいこうへ


《メルマガ》アシタの新聞 ひまわりダイジェスト UHG もどうぞ!

ブログに書かれていない銘柄の問い合わせについても、お気軽にどうぞ。

 092-716-8911(営業:岩崎宛)  k-iwasaki@m.uss-group.co.jp





アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

経済危機は拡がっています

イギリスBBCは、英中堅銀行ブラッドフォード・アンド・ビングレー(B&B)を国有化する方針だと報じた。同国で銀行が国有化されるのは、2月のノーザン・ロックに続き、今年に入り2例目。米国を中心とした金融危機の深刻化を食い止めるため、英政府が異例ながら再度の直接救済に踏み切る形だ。B&Bの事業は、住宅ローンの貸し付けが中心。国有化は金融市場が開く29日朝方までに発表される。BBCによると、財務省は国有化直後に、資産を単独、もしくは複数の銀行に売却する方針で、スペインのサンタンデール、英HSBCホールディングス、英バークレイズなどが候補に挙がっている。ただ住宅ローンを含め、総額500億ポンド(約9兆7000億円)の債権は売却されず、長期間にわたり国の管理下に置かれる予定だという。
 B&Bは、信用危機の影響で今年上期の税引き前利益が約2700万ポンド(約52億円)の赤字に転落。7月には増資を実施したものの、米証券大手リーマン・ブラザーズの経営破綻(はたん)など金融市場動揺の影響もあり、このところ株価が急落していた



    (ワン・クリックお願いします。)

                

にほんブログ村 先物取引ブログへ     先物でいこうへ


《メルマガ》アシタの新聞 ひまわりダイジェスト UHG もどうぞ!

ブログに書かれていない銘柄の問い合わせについても、お気軽にどうぞ。

 092-716-8911(営業:岩崎宛)  k-iwasaki@m.uss-group.co.jp



アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

寄付き予想です

9月28日寄り付き予想

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

金と白金のサヤトリ


25日の欧米主要株式市場は、米政府による7000億ドル(74兆円)規模の金融救済策がまもなく米議会を通過するとの観測から、軒並み上昇した。ニューヨーク(New York)市場では、ダウ工業株30種平均(Dow Jones Industrial Average)が前日比196.89ドル(1.82%)高の11022.06ドルで取引を終えた。
安全資産の金買いの必要がなくなり、工業品需要の白金が買われやすくなる?
白金の価格差が縮小している事がきになります。サヤトリでいける気がします。
但し、サヤトリもチョッとしたコツがありますけど・・・


アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

原油実質減産合意のその後


OPEC海上原油輸出、日量54万バレル増増しているとの事、原油輸出国機構(OPEC)加盟11カ国の海上経由の原油輸出が10月11日までの4週間に日量2475万バレルと、アジア向け需要の堅調と季節的要因により、9月13日までの4週間(2421万バレル)から54万バレル増加するとの見通し、OPECが10日に公式目標に沿った水準への実質減産で合意したことを受けて生産を抑制した兆候は最新推計では示されていない。アジア向け輸出の増加幅は9月としては記録的水準にある
いつものように減産は守られていない。


アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

白金、ラスト30分(1分足)

白金1分足2

クリックで拡大
    参考にして下さい



アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

株式市場、暴落のカウントダウン

米ニューヨーク証券取引所(NYSE)などを運営するNYSEユーロネクスト<NYX>の自主規制部
門のケチャム最高経営責任者(CEO)は24日、証券取引委員会(SEC)が先週末に導入した空売り禁止措置について、少なくとも30日間は継続されるとの見通しを示した。今回の空売り禁止は金融関連銘柄を中心になど900銘柄以上が対象で、目先は10月2日までの時限措置だが、SECは計30日間まで実施期間を延長できるとしている。 ケチャムCEOは「不安定な状況が続いていることを考えると、SECは最低でも30日間は継続するだろう」と語っている。

ただし、規制解除後の価格変動が・・・怖いです。

株安・商品安・・・です。(金は別?)



アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

福岡開催。無料サヤトリ・セミナー

----------------------------------------------------------------------------
リクエストにお応えして福岡に再登場!!
実践サヤ取りのエキスパート竹本淳一氏のサヤセミナー !!

----------------------------------------------------------------------------

 【第一部】『ゴムのデイトレシステム売買RUB3(ラブスリー) の検証結果はいかに 』

 講師:USSひまわりグループ 橋爪 宏光

 福岡支店に9月に初登場した東京ゴムのオリジナルシステムトレードRUB3(ラブスリー)。セミナーを受講された方から、安定した有効な売買手法との好評価を得ております。そのRUB3ラブスリーの成果はどうであったのか、一緒に詳しく検証していきましょう。このシステムトレードの実績は!?





  【第二部】『 サヤ取りのエキスパート竹本淳一氏のサヤトレード-実践編- 』

 講師:鞘取り勉強・実践会 竹本 淳一 氏

 弊社サヤ取りセミナーでリクエスト多数のサヤ取り勉強・実践会代表にしてサヤトレーダーの竹本淳一氏を再度お招きし、今注目している最新のサヤ取り情報をお聞きします。サヤ取りを主体に運用をしている竹本氏に実際の運用やお勧めなどを一挙大公開していただきます !! 実践的で分りやすいと好評の竹本氏のサヤセミナー、 ご期待ください。

~竹本 淳一氏プロフィール~
商品先物会社での営業職として3年間勤務。退職後、専業トレーダーとして出発し、片張りでスランプに陥った時期に、鞘取りの手法に改めて着眼。高い勝率とリターンに驚き、徹底的に研究を行い、2005年6月からサヤ取りトレードに特化した運用で現在に至る。トレード歴7年。得意銘柄は、一般大豆・NG大豆・アラビカコーヒー。東京・大阪で合計600名以上の受講生を指導した実績を持つ。現在、業界専門紙「投資日報」にて毎週「鞘取りの極意」を連載中。
■竹本淳一氏ホームページ:「鞘取り勉強・実践会」


日時 2008年9月27日(土) 12:00開場  13:00~15:30(終了予定)
会場 USSひまわりグループ福岡支店 セミナールーム
福岡市中央区長浜2-3-6 BS長浜ビル8階
講師 一部:USSひまわりグループ 橋爪 宏光
二部:鞘取り勉強・実践会 竹本 淳一 氏
受講料 無料
定員 30名様
申込・問合先 ブログ名を伝え
         0120-88-3959(平日8時~19時)セミナー課 川越もしくは前神まで。
E-mailでのお問い合わせは(seminar-design@m.uss-group.co.jp)までお願いします。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

ポールソン財務長官はどのように思っているのか?

米ゴールドマン株にインサイダー疑惑が噂されています。著名投資家ウォーレン・バフェット氏による増資計画が発表されるわずか2時間前の事で、インサイダー取引疑惑が浮上している。USエクイティ・トレーディングのマネジングディレクター、デーブ・ロベリ氏は「バフェット氏のニュース発表を事前に知る者がいたのは明らかだ。わたしも(漠然とながら)それを知り、ゴールドマン絡みで何か出てくると同僚に言っていた」と説明した。証券取引委員会(SEC)はインサイダー疑惑捜査についてコメントを拒否した。
 


アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

NY原油130ドルの意味

今日、お客様から『何故、原油が130ドルになった?』との質問がありました。
ここの読者の方なら判っていますよネ。

『納会』です。限月が切り替わっただけです。

あるカリスマトレーダー氏によると投機資金がワルサしているような記述ですが、
笑ってしまいました。



アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

プラチナ・リアル

白金1分足2

クリックで拡大します

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

今日は動きは・・・

米金融システムに大規模な救済措置がとられたものの、先行きへの懸念が払しょくされないなか、23日の世界市場は下落を示した。その一方で、いら立ちを募らせた投資家の資金が向かった石油と金は急騰している。

 米サブプライムローンに端を発した慢性的な不安定感で市場はすでに弱まっていたが、前週には米証券大手リーマン・ブラザーズ(Lehman Brothers)の経営破たんと、米政府が米保険最大手アメリカン・ インターナショナル・グループ(American International Group、AIG)救済に介入したことで暴落した。

 22日のニューヨーク原油先物相場は、7月初旬の1バレル=147ドルはかなり下回るものの、1日の上げ幅としては過去最大の16ドル以上値上がりして取引を終えた。
 WTRGエコノミクス(WTRG Economics)のアナリスト、ジェームス・ウィリアムズ(James Williams)氏は今週いっぱい、米救済策の結果への不安心理が原油価格を左右するとみている。

 また同日の香港では開始から金の価格が急騰。終値は前日の終値より15ドル高い1オンス=892.00-893.00ドル前後で引けた。

最終的には不安心理が強まれば金に資金を向かわせる事になると思います。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

原油リアルタイム




何が起きたのでしょうか?



アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

影響が出てますね。

08/09/22 19:35 - [JF90] 時事通信社

◎AIG関連投信の基準価額公表を再開=解約などは引き続き停止―投信協会
*投資信託協会は22日、米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG〈8685〉)の関連会社が発行する指数連動債が、金融市場の混乱を受けて値が付かない状態となっていたために基準価額の公表を見合わせていた一部関連投信について、同価額の公表を再開すると発表した。当該連動債の価格評価が可能となったため。
 対象となるのは、岡三アセットマネジメントの「コモディティ・インデックスオープン」「世界9資産分散ファンド」「コモディティ・セレクション(食料)」、AIGインベストメンツの「AIGコモディティファンド」「AIGコモディティファンド(1年決算型)」、中央三井アセットマネジメントの「コモディティファンド」の3社計6ファンド。ただ、当該連動債の売買は依然として成立しておらず、3社とも新規申し込みや解約受付は引き続き停止としている。(了)〈USDT〉

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

実践サヤトリ・セミナー



----------------------------------------------------------------------------
リクエストにお応えして福岡に再登場!!
実践サヤ取りのエキスパート竹本淳一氏のサヤセミナー !!

----------------------------------------------------------------------------

 【第一部】『ゴムのデイトレシステム売買RUB3(ラブスリー) の検証結果はいかに 』

 講師:USSひまわりグループ 橋爪 宏光

 福岡支店に9月に初登場した東京ゴムのオリジナルシステムトレードRUB3(ラブスリー)。セミナーを受講された方から、安定した有効な売買手法との好評価を得ております。そのRUB3ラブスリーの成果はどうであったのか、一緒に詳しく検証していきましょう。このシステムトレードの実績は!?





  【第二部】『 サヤ取りのエキスパート竹本淳一氏のサヤトレード-実践編- 』

 講師:鞘取り勉強・実践会 竹本 淳一 氏

 弊社サヤ取りセミナーでリクエスト多数のサヤ取り勉強・実践会代表にしてサヤトレーダーの竹本淳一氏を再度お招きし、今注目している最新のサヤ取り情報をお聞きします。サヤ取りを主体に運用をしている竹本氏に実際の運用やお勧めなどを一挙大公開していただきます !! 実践的で分りやすいと好評の竹本氏のサヤセミナー、 ご期待ください。

~竹本 淳一氏プロフィール~
商品先物会社での営業職として3年間勤務。退職後、専業トレーダーとして出発し、片張りでスランプに陥った時期に、鞘取りの手法に改めて着眼。高い勝率とリターンに驚き、徹底的に研究を行い、2005年6月からサヤ取りトレードに特化した運用で現在に至る。トレード歴7年。得意銘柄は、一般大豆・NG大豆・アラビカコーヒー。東京・大阪で合計600名以上の受講生を指導した実績を持つ。現在、業界専門紙「投資日報」にて毎週「鞘取りの極意」を連載中。
■竹本淳一氏ホームページ:「鞘取り勉強・実践会」


日時 2008年9月27日(土) 12:00開場  13:00~15:30(終了予定)
会場 USSひまわりグループ福岡支店 セミナールーム
福岡市中央区長浜2-3-6 BS長浜ビル8階
講師 一部:USSひまわりグループ 橋爪 宏光
二部:鞘取り勉強・実践会 竹本 淳一 氏
受講料 無料
定員 30名様
申込・問合先 ブログ名を伝え
         0120-88-3959(平日8時~19時)セミナー課 川越もしくは前神まで。
E-mailでのお問い合わせは(seminar-design@m.uss-group.co.jp)までお願いします。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

金、1分足

金1分足
今日は急落しそうですネ

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

空売り禁止の効果

米クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、金融銘柄のスプレッドが縮小している。英米当局者による金融株の空売り禁止などを好感している。
モルガン・スタンレーの5年物CDSは前日の856ベーシスポイント(bp)から673bpに縮小。ゴールドマン・サックスの5年物CDSは492bpから360bpに、メリルリンチは318bpに、ワコビアは537bpにそれぞれ縮小している

今回の金融不安の終焉の予兆なのでしょうか?

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

寄付き予想

寄付き予想

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

先物取引パーフェクト基礎講座 !!

株式会社USSひまわりグループ主催 投資セミナー 定員各日5名様<参加無料>

-----------------------------------------------------------------------------
福岡支店無料セミナー
商品先物の基礎が徹底的に学べます!!

-----------------------------------------------------------------------------

 先物取引パーフェクト基礎講座 !!
講師:USSひまわりグループ 岩崎 克己
10月14日(火)~17日(金)の4日間、商品先物の基礎講座を開催いたします!!
■10月14日(火):<商品先物取引とは!>
■10月15日(水):<出来高・取組高と相場パターンの読み方>
■10月16日(木):<トレンドライン・レジスタンス(抵抗線)の見方>
■10月17日(金):<チャートの天底パターン>

 今回は先物取引の基礎を4日間に分けて詳しく解説していきます。基礎とはいえ苦手な分野や、疑問に思っている事などはございませんか?少人数ですので、ここが聞きたい!ということを何でもお気軽にお尋ねくださいませ。この機会にもっと理解を深めていただきたいと考えております。初心者の方にも安心してご参加いただけます。ご期待ください!!
※9月、10月ともセミナー内容は同じになります。ご都合の良い日程をお選びください。


日時
2008年10月14日(火)~17日(金)開催 各日 12:30開場 13:00~15:00(※セミナー内容は9月開催分と同じです)
会場 福岡市中央区長浜2-3-6 長浜BSビル8F
USSひまわりグループ福岡支店
セミナールーム 
地図
講師 USSひまわりグループ 岩崎 克己
受講料 無料
定員 各日5名様
※締切は前日の正午の予定ですが予約者多数で早期に募集を打ち切らせていただくことがございます。ご了承下さい。
※セミナー受講票を開催日前日までにメールにてご案内させて頂きます。印刷して当日ご持参下さいませ。
問合先 当セミナーについてのお問合せは、0120-88-3959(平日8時~19時)セミナー企画課 川越もしくは前神まで。
E-mailでのお問い合わせは(seminar-design@m.uss-group.co.jp)までお願いします。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

リーマン破綻の背景

リーマンはなぜ破綻に追い込まれた? 同社は1850年創業。160年近い長い歴史をもち、アメリカ第4位を誇る老舗の証券会社です。特に不動産の証券化業務を得意としていましたが、サブプライムローン問題に起因した住宅バブルの崩壊で保有資産が急速に劣化。6月に発表した3~5月期決算では、94年の上場以来初の大幅な赤字に転落しました。その後、60億ドル(約6300億円)の増資で財務体質の改善を図りますが、追加損失が膨らみ、業績悪化の拡大。9月15日、ついに破産法申請に至ったというわけです。その最大の理由は、アメリカ政府や金融当局が公的支援を拒否したことです。巨額の財政赤字を抱える政府としては、公的支援で財政赤字拡大→ドル安が加速→輸入インフレ(原油等)→経済崩壊という最悪のシナリオを防ぎたかった……。アメリカ経済がサブプライムローン問題を克服するには、まだまだ時間がかかりそうです。




アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

白金、どこまで下がりますか?

白金1分足

ウンザリする様な下げですね。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

白金、面白そうですね。

白金30分足

金がS高でも白金は下がる。株の空売り規制なるって事はどうなるのでしょうか?

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

NY原油の投機規制について

先日、商品インデックス(指数)ファンドなどの投機資金が市場に与えた影響について米議会での議論があると書きました。実際、アメリカ上院エネルギー・天然資源委員会で、規制当局である商品先物取引委員会(CFTC)やCMEグループが、改めて投機は原因ではないと主張する一方、ヘッジファンド会社幹部などが投機主犯説を展開、激しく対立した。
 この日の証言では、商品指数ファンド主犯説を唱えて有名となったマスターズ・キャピタル・マネジメントのマイケル・マスターズ氏がまず、10日に発表した自らの新リポートを紹介。その上で、11日に公表されたCFTCの商品指数ファンドに関する報告書について、CFTCがネットポジションの数字だけで、グロスの数字を公表しない点などに疑問を呈し、「透明性、正確性、継続性」に問題があると批判した。
さらに、米投資会社オッペンハイマーの上級石油アナリスト、ファデル・ゲート氏は、「石油は価格変動が需給に基づく他の商品と異なるが、これは、石油輸出国機構(OPEC)やロシアに供給の半分以上がコントロールされ、自由市場ではないからだ」と指摘。「最近の相場下落でも、石油価格は依然、つり上げられた状態で、現在の水準は市場のファンダメンタルズを反映していない」として、投機の問題のほうが大きいと訴えた。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

AIGとリーマンの違い


ツービッグツーフェイル 【too big to fail】
企業が大きすぎて潰(つぶ)せないということ。金融機関や事業規模が大きい企業は,経営が破綻(はたん)していても,倒産などの場合その影響が大きすぎるため,結果,官民の支援で存続させる状態をさしていう。
要するに米政府はリーマンを潰してAIGは救済する方向に向かっています。
最近は『破綻相場』の様相を呈している商品先物市場ですが、AIGはブッロック取引で穀物市場を利用していたとの事でブロック取引の許可が有効な現地17日の取引で保有ポジションを解消する予定との事です。
このブログをご覧の方ならAIGの保有ポジションが何で、今後どちらの方向に動きやすいのかご理解しやすいと思いますが・・・

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

リーマンの続報


リーマンの国内商品市場での残玉はゼロで実質的な影響はないとの事です。
さらに、今夜のFOMCで利下げが検討される事も気になるところです。


アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

リーマンの次はAIG?


米保険大手のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は、債務格下げを回避し資本を増強する必要性から、連邦準備理事会(FRB)に対し400億ドルの異例の短期資金を要請しているとの報道がありました。
すでにAIGのウィラムスタッド最高経営責任者(CEO)は14日遅くにFRBに接触した。保険契約者保護の名目で短期資金の融通を要請しているとの報道です。
プライベートエクィティはこの出資を見合わせており、それだけリスクある状態で公的資金を注入するのか興味あるところです
スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はAIG格下げのを検討しており、短期資金の調達がより厳しくなると予想しています




アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

アラビカを売ってみたら?どうですか?

アラビカ一代足
アラビカの一代足を見て下さい
売りで取れそうな感じがしませんか?
資金管理と利食いのコツがわかれば勝率が高いですよ。

気になる方はお気軽にメールにてお問い合わせ下さい。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

商品インデックスファンドについて

以前から言われている事ですが今年の原油暴騰はインデックスファンドの仕業のようです。

商品指数ファンドとはエネルギー、金属、農産物など広範囲の商品先物価格から算出される商品指数に連動した運用をする投資ファンドで、年金基金などの大手機関投資家が参加しています

マイケル・マスターズ氏(ヘッジファンド幹部)によると、改めて商指数ファンド主犯説を強調するリポートを公表した。
実際に商品インデックス(指数)ファンドの原油先物市場での買い増しと手じまい売りの動きと価格変動がほぼ一致するとの事

今年5―6月に米議会で繰り広げられた商品先物市場における投機の影響をめぐる議論の中で、原油相場高騰の主犯は商品指数ファンドだと指摘して話題を集めました。

また、天井を形成した7月15日は多くの機関投資家が、四半期ごとのポートフォリオの見直しの決断をする日だと指摘。この日を境に原油先物市場でも商品指数ファンドの撤退傾向が明確になり、原油相場の急落も始まりました。
さらに、11日にはCFTCのルーケン委員長が上院農業委員会で証言する予定となっています、このような調査結果が発表されると原油暴落に拍車がかかる可能性があります。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

NY原油の行方

OPECが実質減産に合意している。『実質』が付く時は聞いたらしまいの時が多い事はこの記事を読んでいる方はご存知と思います。
ニューヨーク原油(WTI)相場が高値から急落しているとはいえ、まだ100ドル台にあり、OPECが生産目標の削減を打ち出せば世界的に批判を浴びるのは必至の情勢。とはいえ、イランなど強硬派の意見も無視できずの状態です。

次なる注目は今夜のEIA統計にです。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。