プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

北海油田に衰え


欧州の2大産油国である英国とノルウェーの原油生産量が急速に減少しています。
主力の北海油田の産出が衰退期に入っています。06年の生産量は両国合計でピーク時の2000年に比べて26%減少しています。

非石油輸出国機構(OPEC)の主要産油国である両国の生産減は原油相場高止まりの原因となっています。
英国の06年の生産量は日量163万バレルで前年に比べ9%の減少です。2000年と比べると39%の落ち込みです。

サウジアラビアとロシアに次ぐ世界3位の原油輸出国、ノルウェーの06年の生産量も前年比6.9%減の日量277万バレルです。
両国の生産減少は今後さらに加速することが確実です。「今後5年で英国の生産量は日量120万バレルまで落ちる」という調査もあります。

ノルウェー政府も07年以降に生産量の減少が加速すると見ています。2010年までに両国でさらに100万バレルの減少が見込まれます。
両国の減少をカバーしているのが、カナダ日量314万バレル前年比+4.4%、ロシア日量976万バレル前年比+2.2%です。

(出所)BP社2007

スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/101-b8d9093e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。