プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

中国の原油需要増加


中国石油化学工業協会は、中国の2008年における原油の生産量は前年比0.02億トン増の1.89億トンになるとの予測を示した。
原油の対外依存度は約47%になるという。また、経済通は市場関係者の話として、中国石油最大手の中国石油天然気股?有限公司(ペトロチャイナ)が、ディーゼルオイル20万トンを輸入したと伝えた。

農業向けの需要が増える4月に対応するためだとみられる。中国では国内の需要拡大に伴い、石油製品の供給が停滞している状態であり、政府は大手石油メーカーの同2社に対して国内供給を確保するよう求めているが、
一方で原油高の影響から輸入に係るコストが増大している。これを受け、政府は2007年11月と2008年1月の2回にわたって、ガソリン、ディーゼルオイル、航空燃料の輸入関税率を1%に引き下げ、石油製品の輸入を奨励している。

中国経済の成長は続いており、北京オリンピックが終了しても、産業の発展が続くとの見方が多いことから、中国の石油需要が増加し、自国の原油生産が予想を下回るようであれば、原油の対外依存度が50%を超える事態も想定出来る。

世界石油需給のタイト化が見込まれるだけに、ニューヨーク原油期近は130ドル水準を維持し、遅くとも年末にかけて更に最高値を更新する可能性が高いと予想している


スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/103-21584d05

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。