プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

イランVSイスラエル

米原油先物が日本時間30日朝の電子取引で前週末のNY終値から1ドル超上昇し、1バレル=141.22ドルをつけた。イスラエルとイランの関係緊張が支援材料となっている。

 米原油先物8月限は2258GMT(日本時間30日午前7時58分)現在141.18ドル。

 27日は、各国の株式市場の下落を受けた資金の流入で142.99ドルまで上昇し、最高値を更新した。27日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で8月限は0.57ドル高の140.21ドルで取引を終了していた。

 28日付のイラン紙によると、イラン革命防衛隊の司令官は、攻撃を受けた場合、「あらゆる能力と機会を駆使して敵に立ち向かう」とし「現在あるエネルギー輸送路について、イランは必ずペルシャ湾とホルズム海峡の規制に動く」と述べた。

 29日にはイランのモッタキ外相は29日、同国の核開発問題をめぐってイスラエルはイランを攻撃する態勢ではない、との見方を示し「かれら(イスラエル)は、そういう行為がもたらす結果を十分わかっている」と記者団に語っている。

スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/126-807c8306

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。