プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

イスラエルとイラン

イスラエルがイランの核開発を阻止するため、同国に先制攻撃を加えるのではないかとの観測が広がり、国際的な注目が集まっている。
中東情勢の不安定化は原油価格高騰の主要因となるだけに憶測を含む情報が飛び交うが、実際のところイスラエルが近いうちに軍事行動に出る可能性は低く、同国政府は最近、緊張が過度に高まることを警戒している。
 イスラエルは6月上旬にイランの核施設空爆を想定した大規模軍事演習を実施したとされ、イランは9日、イスラエルを射程に収めるというミサイルの発射実験に踏み切った。両国の政治家や指導者からは強硬な内容のコメントが相次ぎ、これらが「交戦は近いのではないか」との見方が広がる根拠となっている。
 しかしイスラエル政府は、米メディアが報じた軍事演習情報の公式な確認を避けている。イランの発射実験については「深刻に懸念すべき事態だ」としながらも、交戦は望んでいないとの姿勢を強調。相手側を刺激しないよう努めた。イスラエルの識者の間では「近日中の攻撃はない」とする見方が一般的だが・・・
スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/140-e9b83d1a

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。