プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

NY原油200ドルのコールオプションが売れています!!



先にゴールドマン・サックス社が発表していた"7月4日までに150ドル"という予測の期限を迎えました。

このコラムをご覧の方はゴールドマン・サックの予想が外れている事は理解していると思いますが・・・
FOMCの金利据え置きやECBによる予想範囲内の利上げ実施で材料織込み感が強まっていること、世界的なインフレ懸念と各国の物価高に対する措置、原油価格高騰に伴う需要の減少見通し、などの理由も原油価格を押さえた要因として挙げられるでしょう。
なかでも、原油価格の高騰を受けて石油製品価格を政府が統制しているアジア諸国で石油価格が引き上げられていることが注目されるでしょう。というのも、6月に石油製品価格が引き上げられたアジア諸国のなかに、インド、中国とこれまでの世界原油需要増加見通しを支えていた両国が含まれているからです。それでは、原油価格はそのまま下落することになるのでしょうか?

実は原油価格がそう簡単には下落しない可能性が高いと思われます。
というのも、9日には米国財務省によるイラン系の8法人・個人に対する経済制裁の拡大発表に続いて、イランが中長距離地対地ミサイル9発を試射したとの報も伝えられるなど、地政学リスクが高まっているからです。

実際にイランが世界第4位の石油輸出国であることが一因です。また、中東からタンカーで原油輸出をする際にタンカーが通過しなければならないホルムズ海峡に面している同国がこの海峡を閉鎖するなどの措置を採れば、中東からの原油輸送はタンカーという手段を回避せざるを得なくなり、世界的に石油供給が逼迫する可能性が高まることが予想されるからです。
そして同時に注目されるのが、この緊張の高まりに足並みを合わせるようにして、NYMEX原油市場では$200ドルのコールオプションが着々と買われ、取組高が増加している点です。コールオプションとは、将来の決められたある時期に予め設定された価格でその商品を購入する権利を買う取引のことで、(一方の売る権利のことはプットオプションと呼ばれています。)今後の市場の方向性を判断するために一助とされています。
その原油のコールオプションの取組高ですが、行使価格が$200のコールオプション($200で原油を購入する権利)は、6月12日時点では800枚に過ぎなかったにもかかわらず、わずか3週間後の7月2日時点では2万6,210枚に達しています。これは、$130以上のコールオプションのなかで最も多い枚数であり、NYMEX市場では$200到達を見越してオプション取引が活発化している可能性が高いことを窺わせています。

また、インド、中国ら新興国5カ国を加えた主要排出国会合(MEM)においては、新興国側がCO2排出制限を拒否した結果、G8と新興国の間で温室効果ガスの排出目標が合意に至らなかったと新たに伝えられたことも、これら新興国の石油需要増加観測を後押しする要因となってきました。原油価格が歴史的な高値に達したことで、世界的な物価高に対する警戒、脱石油の動きとこれに伴う需要の減少観測と原油市場を巡る弱気材料が意識される傾向が強まっています。

とはいえ、このように弱材料が台頭すると同時に強気な見通しが改めて浮上する状況を見ると、原油価格はこのまま下落傾向を強めるのではなく、高止まり傾向が続く可能性が高いように思われます


スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/144-af0bbb6d

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。