プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

景気懸念で原油大幅安

15日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は株価が景気懸念で大きく下落したことから、8月きりは1バレル=6.44ドル(4.44%)安の138.74ドルと急落して終了した。下げ幅の大きさは米国が第1次イラク戦争で、1991年1月17日にバグダッドを攻撃した際、終値で前日比10.56ドル安と下げて以来、17年ぶり。

取引レンジは135.92―146.73ドルだった。ロンドンではブレント原油8月きりが1バレル=5.17ドル(3.59%)安の138.75ドルで引けた。安値は134.96ドル、高値は145.55ドル。

 ニューヨーク市場では朝方、ブラジルやナイジェリアでの供給回復に圧迫され、下落。さらに、米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が議会証言で、米国は深刻な経済危機に直面しているとの認識を示したことで、景気懸念から株が下げ、原油も下げ幅を拡大した。

 リッターブッシュ・アンド・アソーシエーツのジム・リッターブッシュ社長は「最高値水準近くからこの日、一気に10ドル以上も下落したことは、市場がドル安より、米景気悪化によって生じるインパクトを懸念しているからだ」と語った。

 NYMEXのRBOB8月きりは17.29セント(4.86%)安の1ガロン=3.3848ドルで終了。取引レンジは3.3090―3.5915ドル。

 NYMEXヒーティングオイル8月きりは14.59セント(3.59%)安の1ガロン=3.9190ドルで引けた。安値は3.8390ドル、高値は4.1134ドルだった。
スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/146-5c7aaa53

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。