プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

ベージュブック

米連邦準備理事会(FRB)が23日発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)によると、成長ペースは幾分鈍化したものの、すべての地区で物価圧力が高い状態か高まりつつある。

 報告書は14日までのデータに基づいて取りまとめられた。「すべての地区が全般的な物価圧力について、高い状態にあるか高まりつつあるとの見方を示した」としている。

 さらに、燃料・石油製品・金属・食料・化学を中心に投入価格が上昇したと指摘した。

 アクション・エコノミクスのグローバル債券分析部門マネージング・ディレクター、キム・ルパート氏は報告書について、次回8月5日の連邦公開市場委員会(FOMC)での金利変更を示唆するものはなかったと語った。

 消費支出が振るわず、一方でエネルギー・商品価格の高騰により物価圧力が高まる中、報告書はさまざまな部門で経済活動が軟調もしくは低迷と指摘した。

 「小売価格インフレは全米内でまちまちとなった。一部地区では上昇し、別の地区では少なくとも現時点では安定している」と述べた。賃金圧力は大半の地区でおおむね抑制されているとの認識を示した。

 また、消費支出はほぼ全地区で低迷もしくは減速したが、景気刺激策の戻し減税が消費支出をある程度押し上げたと分析した。

 ほとんどの地区で居住用不動産市場は減速もしくは低迷し、製造業活動は大半の地区で減速もしくは引き続き低迷したと述べた。

スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/152-ff360c29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。