プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

最近の経済政策について

米連邦準備制度理事会(FRB)は8/5の連邦公開市場委員会(FOMC)で主要政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を現行の2・0%に据え置き低金利継続を決めた。

不動産不況に底入れの兆しが見えず、先行きになお景気悪化の懸念があることに加え、サブプライム(低所得者向け高金利型)ローン問題に端を発する金融不安が根深いためである。
原油価格急騰が沈静化したことも一因である。しかし、バーナンキFRB議長は、「成長の下振れリスクが残る一方で、インフレの上振れリスクに深刻な懸念がある」とも述べている。
実際、六月の消費者物価指数は前年同月比で5・0%上昇と、十七年ぶりの高い上昇率を記録した。現在のような超金融緩和政策が続けば、ドル安による輸入インフレを引き起こすとともに、ドル安そのものが原油高を招き、コストプッシュ・インフレの要因になるだろう。
どちらにせよ、米国はインフレに対しては強い警戒感が必要な状況です。

一方、日本では与謝野馨経済財政担当相が七日、八月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出し、景気の基調判断を「景気回復は足踏み状態」から「景気はこのところ弱含んでいる」と下方修正し、事実上の景気後退宣言を行った。
民間シンクタンクの予想では、二〇〇二年二月から始まった今次景気回復・拡大過程は、景気拡大の実感がないまま、昨年十-十二月期から今年一-三月期にかけて終焉したとの見方が大勢を占めています。

今回の景気回復拡大過程では、日銀の超金融緩和政策によるドル安で、輸出大企業のみが恩恵を受け従来通りの輸出主導型景気回復の感が強く、それだけに、国民全体としては景気回復の実感がなかった。むしろ、“格差拡大”という言葉に象徴されるように、都市と地方、大企業と中小企業、高所得者層と低中所得者層との間の格差は拡大し、日本経済全体にゆがみが大きくなっている。

米国経済の先行きが思わしくなく、景気後退局面の長期化が予想される中、財政を使って国民経済全体に恩恵が行き渡るような内需主導型かつ産業構造転換型の景気回復を日米の政府はは進めて頂きたいものです。


スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/159-97ae42e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。