プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

デカップリング論


サブプライムローン問題などで米国経済に影りが見え始めると、経済界などで流行った言葉の一つに"デカップリング論"がある。直訳すれば『切り離し』となる。要するに、米国経済が減速しても、中国をはじめとした新興国が力強い経済成長を保つことで世界経済全体が減速するわけではないと言う考え方である。
 このデカップリングという言葉が、ここへきて否定されている。足元の景気減速は、世界中に波及する可能性が強まってきたからだ。

 たとえば、ここ十数年の中国経済の飛躍は、先進諸国への安価な製品の輸出が無ければ成しえなかった。(もちろん先進国の内需が無ければ中国の安価な製品も売れないですが・・・)米国から見た国別貿易赤字国は、かつて日本が第一位だったが、2001年頃からは中国がその座に着いている。中国から見た米国への輸出額も、単一の国別では米国が一位である。この間、中国の輸出額は概ね年率20%の上昇を維持、経済活動に大きく貢献したと言える。無論、中国内需の急拡大は否定されないが、GDPの規模は米国のおよそ5分の1(2006年、ドルベース)にとどまっており、世界経済を支えるほどの力はまだ無いというのが実情である
。おそらくは、米国経済の減速はやがて日本や欧州にも波及し、中国に対しても米国だけでなく、アジアや欧州向けも含めた輸出の減速を通じてマイナスの影響を及ぼすと考えられる。

スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/160-a5909953
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。