プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

円キャリートレードの巻き戻しと為替介入

先週は外国為替市場で円が急騰し、約13年ぶりに1ドル=90円台をつける一方、ドルもオーストラリア・ドルに対し8%、ニュージーランド・ドルに対し7%急伸した。あまりの変動ぶりに困惑している米投資家も多く、相場を沈静化するために金融当局が介入するとの見方も出てきた。相場混乱のきっかけとなったのは、新興国の景気減速懸念。投資家は、低金利の円やドルで資金を調達し新興国などに投資する「キャリー取引」を長期にわたり続けてきたが、その流れが一気に逆転した。市場では「投資リスクにあまりにも鈍感になっていた」(米アナリスト)と反省する声も聞かれ、リスク削減を目的とした円とドルの買い戻しは当面続くとみられている。ただ、キャリー取引の無秩序な解消による相場混乱を警戒する声も根強い。そのため、週明けの為替市場で円相場が一気に1ドル=90円を割り込むようであれば、当局が介入し相場のスピード調整を行うと予想する向きもある。



    (ワン・クリックお願いします。)

                

にほんブログ村 先物取引ブログへ     先物でいこうへ


《メルマガ》アシタの新聞 ひまわりダイジェスト UHG もどうぞ!

ブログに書かれていない銘柄の問い合わせについても、お気軽にどうぞ。

 092-716-8911(営業:岩崎宛)  k-iwasaki@m.uss-group.co.jp




スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/239-a75043b9

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。