プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)

米格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は30日、格下げの可能性があるとされる債券発行体数は10月、前月比28団体増の786団体に達したと発表。前年同月比では136団体増、過去38カ月平均比でも118団体多く、2005年9月以降の高水準という。
 786団体のうち、81%の現在の格付けが「BBプラス」以下の「投機グレード」で、約25%を米国の発行体が占める。簡単に表現すると『悪いところが更に悪くなった』ということ。また格下げの可能性が最も高いのは格付けが「B」の発行体で、全体の19%(148社)に上る。格上げの可能性がある発行体数との対比では、格下げ可能性がある発行体数は3倍以上。こうした傾向は、約15カ月間にわたり進行しているという。同社幹部は「住宅セクターや金融セクターは引き続き格下げリスクが最も高い。信用状況の悪化が進めば、格付けの変更が一段と増える可能性もある」としている。格下げの可能性がある発行体の定義は、現在の格付けが「AAA」から「Bマイナス」までで、アウトルックが「ネガティブ」か、引き下げ方向での「クレジットウォッチ」に指定された発行体です


    (ワン・クリックお願いします。)

                

にほんブログ村 先物取引ブログへ     先物でいこうへ


《メルマガ》アシタの新聞 ひまわりダイジェスト UHG もどうぞ!

ブログに書かれていない銘柄の問い合わせについても、お気軽にどうぞ。

 092-716-8911(営業:岩崎宛)  k-iwasaki@m.uss-group.co.jp




スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/242-4f398ca1

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。