プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

OPEC減産に向けて


11/22(土)【福岡】13:00~
林投資研究所直伝 !! 売買手法の決め方と実践するときの注意事項!! 
~FAI投資法における銘柄スクリーニングと個人投資家のセルフマネジメント~



    (ワン・クリックお願いします。)

                

にほんブログ村 先物取引ブログへ     先物でいこうへ


《メルマガ》アシタの新聞 ひまわりダイジェスト UHG もどうぞ!

ブログに書かれていない銘柄の問い合わせについても、お気軽にどうぞ。

 092-716-8911(営業:岩崎宛)  k-iwasaki@m.uss-group.co.jp

ニューヨーク原油(WTI)相場が1バレル=50ドルを割り込んだのは、世界的な金融危機による景気悪化によるところが大きい。国際エネルギー機関(IEA)が2008年の世界の石油需要の伸びを大幅に下方修正し、来年についても需要の伸びは鈍いとの見通しを示しているからです。
石油輸出国機構(OPEC)が10月、日量150万バレルの減産を決めたが、加盟国で足並みがそろわず実効性が疑問視されている。さらに11月29日の臨時総会で、同100万―150万バレルの追加減産するとの見方もあるが、これについても同様にあいまいな点が多い。
世界の景気が今後1年以上回復しない可能性が高く、原油価格が上昇する要素は少ない。
また最近の相場は変動幅が大きいため、瞬間的に30ドル台まで下落する場面もあり得ると予想しています。
買いポジションの方は気をつけてください。






スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/270-7bbaed8e

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。