プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

原油減産してもWTIは下落、消費の減退が加速中

         (応援ポチお願いします。)

にほんブログ村 先物取引ブログへ 先物でいこうへ


《メルマガ》アシタの新聞 ひまわりダイジェスト UHG もどうぞ!

ブログに書かれていない銘柄の問い合わせについても、お気軽にどうぞ。

 092-716-8911(営業:岩崎宛)  k-iwasaki@m.uss-group.co.jp


石油輸出国機構(OPEC)がアルジェリアのオラン(Oran)で臨時総会を開き、原油価格の下落に歯止めをかけるため、過去最大幅の日量220万バレル減産することで合意した。来年1月1日から開始する。減産量は市場予想を上回る規模になった。OPECはすでに、9月と10月に計日量200万バレルの減産を実施しており、最近の短期間で累計の420万バレル減産したことになる。また、非OPEC加盟国のロシアとアゼルバイジャンが日量30万バレル規模の協調減産に応じる予定。
一方17日のNY原油先物相場は続落。米原油在庫が上昇したとの統計発表から需要減退観測が強まり、OPECの大幅減産の決定にもかかわらず、一時2004年7月以来の1バレル=40ドルを割り込んだ。またモルガンスタンレーの大幅赤字など需要減退を予想させるニュースもあります。





スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/282-7a0f493d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。