プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

そのウソ、本当ですか?

(応援ポチお願いします。)

にほんブログ村 先物取引ブログへ 先物でいこうへ


《メルマガ》アシタの新聞 ひまわりダイジェスト UHG もどうぞ!

ブログに書かれていない銘柄の問い合わせについても、お気軽にどうぞ。

 092-716-8911(営業:岩崎宛)  k-iwasaki@m.uss-group.co.jp



在米イスラエル大使館の幹部外交官は、イスラエル軍がイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)への攻撃を12月に開始したのは、次期オバマ政権からよりも現行のブッシュ政権からのほうが支持を得られる可能性が高かったからだと指摘されていることに関し、これを否定する声明を発表した。

ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bus)米大統領が退任する1月20日より前にイスラエル軍がハマスを攻撃したのは、バラク・オバマ(Barack Obama)次期米大統領が就任後、現政権と同様にイスラエルを支持するかどうかは不確実だからだとする、報道を意識した発言です

これに対し、在米イスラエル大使館の外交官Jeremy Issacharoff氏は同大使館で記者会見を開き、「イスラエル政府は、自国民がこれ以上の攻撃にさらされるのに耐えられないとの結論に至った」との見解を示し、「同件と米政権交代に、何らかの関連性があるという指摘については疑問だ」と述べた。

同氏によると、イスラエル軍は、ハマスのロケット砲による攻撃を止めさせるだけでなく、レバノンのイスラム教シーア(Shiite)派武装組織ヒズボラ(Hezbollah)やイランなどからの脅威を阻止する準備ができていることを示す必要もあったという。

私の眼にはアメリカの政権が代わってもイラクのアメリカ軍を完全撤退させない為にイスラエルがワザトこの時期に紛争を起こしているように見えます。



スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

そういわれてみるとね

そう言われてみるとそんな感じもしますね。

米の経済が良くならないとだめですね、人間は戦争が好きな生物ですからどうしようもないですね、歴史が語っております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/288-710b9924
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。