プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

今日は金安、白金高の予想ですね。

強気サインが発生しました。
東京金・ニューヨーク金市場の日足のストキャスティクス分析において、強気サインが発生しています。ダブル・ボトムと逆行現象の重なりで、信頼度がアップです。

 週末に発表された米雇用統計は、8万人の減少でした。事前に減少予想が出ていたため、株式市場、為替市場は波乱がなく、変動は小幅になりました。雇用統計の減少幅も10万人を下回っているうちは、景気後退入りは不可避ですが、ソフトランディングが期待できそうです。

 早くも利下げ期待の意見が出始めました。しかし4月11日にG7(先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議)が予定されており、利下げは次期尚早だと思います。G7後の会見で、経済の安定化政策など発表されるでしょう。となると、今週の株式市場、為替市場は、小康状態の予想です。

もうひとつ、発表されたのは米商品先物取引委員会(CTFC)の集計です。ニューヨーク金先物における投機筋の建て玉が16万1278枚の買い越しとなっています。先週に比べ、買い越し枚数が1万4464枚減少しています。これは、買い余地が増えたとプラスに判断します。

 3月の金市場は、米金融システム不安を背景に、ファンドなどの換金売りが出ました。しかし不安が和らぐと、投機筋の買い余力が、一気に回復すると期待しています。金市場は、値固めが完了し、上昇の可能性が高くなります。

スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/31-a445e2c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。