プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

ガソリン先物

強材料が豊富な東京灯油が買われる展開は、続く見通しです。

 東京工業品取引所の東京灯油期先は前日に87500円と上場来の高値を更新しました。この動きはニューヨーク市場のWTI原油の上昇や、G7(4月11日)後の円安が影響したもので、投機筋がWTI原油を積極的に買いあがっているため、値段が軽く87000円も突破しました。

ニューヨーク市場で投機筋は、原油、改質ガソリン、ヒーティングオイル、の買い越しを増やしています。増加枚数はWTI原油(+1827枚)、改質ガソリン(+8082枚)、ヒーティングオイル(+2437枚)です。投機筋はG7後に110ドルから100ドルへ調整を完了しており、100ドルからの上昇に勢いがついています。

 今後、東京灯油が高値更新を続けても、相場に勢いがついているだけに、売り圧力が弱い状態が続きそうです。シンガポール現物相場も引き締まっている、弱材料が見当たりません。90000円台も突破する可能性も出てきました。

 原油相場が主導になったり、石油製品相場が主導になったり、交互に高値を更新する大相場に発展するか見ものです。
スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/56-f1fd904b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。