プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

原油120ドル目前



ニューヨーク原油(WTI)6月きりは25日、ナイジェリアの武装勢力のパイプライン攻撃や、米軍契約船によるイラン高速艇への発砲、英国のストライキによる製油所の閉鎖など、供給面での強材料が相次いだことを受け、前日比2.46ドル高の118.52ドルと上昇。さらに、現在取引中の時間
外取引では、一時119.93ドルの高値をつけるなど過去最高値を更新、120
ドルに迫る勢いで上げ足を速めている。

 WTIの上昇に為替相場の円安を加味すると、きょうの東京ガソリンは2500
円前後の上昇が予想される。このため、10月先ぎり(25日の終値は8万155
0円)は飛び石連休の谷間とはいえ、24日の年初来高値8万3300円を上抜く
可能性が大きい。

 しかし、国内の現物は、ガソリン税の暫定税率などを復活させる租税特別措置法
改正案の衆議院の再議決を30日に控え、不透明感もある。

また、米国では29日から始まる連邦公開市場委員会(FOMC)や第1・四半期のGDP速報値の発表(30日)が控えていることもあり、高値では利食い売り圧力が強まりそうだ。
(ちなみに、FOMCでは、0.25パーセントの利下げが予想されている)

 英国で最大規模のグレンジマウス製油所(エディンバラ)が25日、ストライキ
に備えて閉鎖され、同製油所からの動力に頼るパイプラインも稼働停止の準備に入
った。このパイプラインは同国の北海油田で生産する原油の3分の1を輸送してい
る。この結果、同国では数日間、ガソリンの供給が不足する恐れがあるという。

スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/58-ed64a61f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。