プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

今日の貴金属先物市場

東京貴金属は、総じて安く推移している。

金はニューヨーク高となったが、前週末にスポット価格が先取りし上昇していた事や円高を受けて反落している。
全般的なファンダメンタルズとしては4月の米中古住宅販売は事前予想ほど減少しなかったが、販売在庫が急増、原油高も景気減速要因であり、米経済の回復が遅くなれば再度、ドルが売られて金の支援要因になるとみられる。
ただドバイの金輸入に関して、スクラップが増加していることが指摘されており、価格上昇で実需筋の買控えが起こっている。

今夜の英米市場は休場であり様子見ムードが広がっている。

プラチナのドル建て現物相場は2200ドル前後で上げ一服となった。
前週は英ジョンソン・マッセイ(JM)の強気見通しなどを受けて上値を試したが、高値での買いが続かない状況となっている。
米商品先物取引委員会(CFTC)建玉明細報告では、20日時点のニューヨーク・プラチナ大口投機家の買い越しは9746枚と1月22日以来の高水準となっており、利食い売りが一巡するまで上値が抑えられる可能性がありそう
スポンサーサイト

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ika469.blog70.fc2.com/tb.php/99-343d2e38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。