プロフィール

トマホーク先生

Author:トマホーク先生
株式会社UHG(旧USSひまわりグループ)の営業マンです
承認 c.08.03.19 blog
電話 092-716-8911
k-iwasaki@m.uss-group.co.jp
ここでの発言は個人的なもので、所属会社とは一切関係ありません
情報提供には最善を尽くしますが、その完全性を保証するものではありません
商品先物取引ならUHG
波乱の相場はこう乗り切れ!!

アシタの新聞

応援ポチお願いします!!

金、白金スッポット価格

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

参考にして下さい。白金の1分足

白金1分足
クリックで拡大します
原油夜間が下がりそうですネ。白金も・・・





    (ワン・クリックお願いします。)

                

にほんブログ村 先物取引ブログへ     先物でいこうへ


《メルマガ》アシタの新聞 ひまわりダイジェスト UHG もどうぞ!

ブログに書かれていない銘柄の問い合わせについても、お気軽にどうぞ。

 092-716-8911(営業:岩崎宛)  k-iwasaki@m.uss-group.co.jp




アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

※速報※

オバマ氏当選確実になりました



    (ワン・クリックお願いします。)

                

にほんブログ村 先物取引ブログへ     先物でいこうへ


《メルマガ》アシタの新聞 ひまわりダイジェスト UHG もどうぞ!

ブログに書かれていない銘柄の問い合わせについても、お気軽にどうぞ。

 092-716-8911(営業:岩崎宛)  k-iwasaki@m.uss-group.co.jp




アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

日経平均上がってます。昨日のような雪崩はあるのでしょうか。

世界の株式市場で再び連鎖的な株安が進んでいます。日経平均株価もバブル後最安値を更新し、本日は6,000円台になってしまうのでしょうか。欧米で深刻な問題になっている金融危機が、予想以上の速さで実体経済に打撃を与え始めたと受け止めました。しかもその影響が欧米にとどまらず、東欧や南米にまで急速に拡がっていることから、世界同時の景気後退が始まろうとしているという不安感が増幅しているのです。アイスランドのデフォルトもそのひとつでしょう。

実体経済の動きを示す経済指標が、夏以降軒並み悪化しているのは、これまでは金融機関同士に限られていた信用収縮、つまり相手が信用出来なくなってお金を貸さないという動きが、一般企業にも拡がったためです。
金融危機による信用の収縮が一般企業に拡がったこと、企業と個人双方に対して貸し渋りが進んだことから、企業活動は急速に落ち込み、消費も冷え込んでいます。その結果銀行の不良債権は更に膨らみ、貸し渋りが一段と強まる、そういう悪循環が始まっています。
こうした中で日本政府は、今週20日発表した月例経済報告で、初めて「アメリカが景気後退局面に入った」、「今後一層厳しくなるリスクがある」と分析しています。
欧米に比べると比較的影響が小さいと見られていた日本も、輸出への打撃が予想以上に膨らみそうですし、外国人投資家の資金引き上げの影響も色々出てきそうです。更に東欧、南米、アジアの幾つかの国でも、大幅な株安や、IMFに対する救済要請のニュースが伝えられ、実体経済への悪影響は、世界中に、しかもほぼ同時に発生しています。信用バブルがはじけた後は、不安がバブルのように膨らんでいます。
来月15日に開かれる先進国と新興国20カ国の首脳が集まるG20サミットでは、景気を立て直すための協調体制の確立が期待されています。今起きている危機は、一国の対策ではなかなか解決出来ない問題だけに、各国が協力し負の連鎖を断ち切るような強いメッセージが打ち出されるのでしょうか。


    (ワン・クリックお願いします。)

                

にほんブログ村 先物取引ブログへ     先物でいこうへ


《メルマガ》アシタの新聞 ひまわりダイジェスト UHG もどうぞ!

ブログに書かれていない銘柄の問い合わせについても、お気軽にどうぞ。

 092-716-8911(営業:岩崎宛)  k-iwasaki@m.uss-group.co.jp





アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

大変です。日経平均が・・・・

10月27日の東京株式市場は日経平均株価が続落、バブル崩壊後の最安値を下回り、1982年11月以来の安値水準となる前週末比155円69銭(約2.04%)安の7493円19銭をつけた。世界的な景気減速懸念を背景に、前週末24日の欧米株安と、一時1ドル=90円台をつけた13年ぶり円高が嫌気された。日経平均は、今年に入って50%以上も下落している。バブル崩壊前の1989年12月に記録した最高値3万8915円87銭に比較しての下落率は実に80%に上る。この記事を見て頂いてる方は保有株をそのままにしている方はいないと信じたいですネ。
最近の商品相場は株価と連動が強いので、今日の日経平均終値に注目したい。


    (ワン・クリックお願いします。)

                

にほんブログ村 先物取引ブログへ     先物でいこうへ


《メルマガ》アシタの新聞 ひまわりダイジェスト UHG もどうぞ!

ブログに書かれていない銘柄の問い合わせについても、お気軽にどうぞ。

 092-716-8911(営業:岩崎宛)  k-iwasaki@m.uss-group.co.jp





アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

金融サミットの見通し

未曽有の金融危機に対応して主要20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれる。米国発の危機が世界中に拡大する中、先進国だけの力では解決が難しく、主な新興国も取り込んだ対応が必要なためだ。しかし、現時点で浮上している議題はこれまでの対策の検証や監督制度改革の共通原則など、目新しさに乏しく、事態打破に効果があるかどうかは不透明だ。 G20開催を発表した米ペリノ大統領報道官は「1回目のサミットで各国が合意できる具体策が出るとは思わない」と会議前より消極的発言が出ている。金融危機対策では、米国、欧州各国は既に、先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)が打ち出した行動計画に基づき、金融機関への公的資金注入、市場への資金供給など次々と具体策を打ち出している。しかし、幾分改善されたとは言え、信用市場は本来の機能を回復しておらず、株式市場も不安定に下落している。金融危機は実体経済に波及し、米国などではリセッション(景気後退)懸念が台頭している。ホスト役を務めるブッシュ大統領の任期は来年1月までだが、サミットの前には次期大統領が決まっており、どこまでリーダーシップを発揮できるかも疑問だ。


    (ワン・クリックお願いします。)

                

にほんブログ村 先物取引ブログへ     先物でいこうへ


《メルマガ》アシタの新聞 ひまわりダイジェスト UHG もどうぞ!

ブログに書かれていない銘柄の問い合わせについても、お気軽にどうぞ。

 092-716-8911(営業:岩崎宛)  k-iwasaki@m.uss-group.co.jp





アシタの新聞(株式会社UHG)旧USSひまわりグループ

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。